ロータリーとは

会長運営方針

2018-2019年度

坂出東ロータリークラブ会長 佐竹 克彦
クラブ方針:「創造と行動力を持って地域社会に貢献しよう」 サブ方針:「50周年に感謝!次代に向けて創造する節目を共に考えよう」

今年度の国際ロータリーのテーマは「インスピレーションになろう」です。

バリー・ラシン会長は、ロータリーは会員の親睦と友情から始まり、奉仕が芽生え、成長と共に他団体とのパートナシップや奉仕の重点分野を生み出してきた。今後も直面する課題に勇気と希望、創造性をもって立ち向かっていくインスピレーションとなる必要があると述べられています。

私たち坂出東ロータリークラブは、これまでの様々なロータリー活動を通した経験をもとに、クラブとしてもロータリアンとしても地域社会で行動する力や影響力を地域に根ざしてきました。私はこの「インスピーションになろう」という国際ロータリー会長方針を聞いたときに、坂出東ロータリークラブとして、またロータリアンとしてだけでなく、一人でも多くの地域の方に何かをやろうという気持ち、また行動を起こさせる力を提供する原動力、こういった姿勢を見せていくことが重要であると考えます。だからこそインスピレーションを持って、これまでの経験をもとに、更に創造的な考えと行動力で次の世代に繋いで行く必要があると考えます。

また第2670地区桑原征一ガバナー方針には、「共に考え共に行動しよう!」その第一に、クラブの事業やクラブの在り方に対し、その考えをメンバー全員で共有することが重要となっています。まさに坂出東ロータリークラブは今年で50年を迎えることが出来ました。先輩諸兄の50年にわたる活動があったからこそ感謝と敬意を申し上げるとともに、この地域にとって私たちクラブは何を必要とされているのか。どうすればこの地域をいかに創造することが出来るのか。次代に繋げるための節目となる重要な一年にしていかなければなりません。

私たち坂出東ロータリークラブは、これまで活動してきた五大奉仕事業を基本とし、次代に向けて繋げていけるよう創造すべく、私たちロータリアンが一丸となって共に考え共に行動していこうではありませんか。

【主な事業計画】
1、50周年記念式典、記念事業実施を通し長期戦略を発信
2、クラブ全体で会員増強の意識向上と拡大
3、クラブ奉仕を通して例会出席率の向上と親睦の積極的参加
4、職業奉仕を理解し、会員企業の職場を通して奉仕の理念を生かしていく
5、社会ニーズに合った奉仕活動を考える
6、国際理解、親善、平和を推進し、グローバル社会に合った奉仕活動を検討する
7、青少年奉仕をクラブ内でさらに理解する(指導力要請・国際奉仕プロジェクト・交換プログラム)